« アストリット@ケンプス・イングリッシュ・パブ | メイン | ローリング・ストーンズのベロ・マーク »

2011/05/29

コメント

tokyo boy

ヨーロッパはフランスもイギリスも、そしてドイツやイタリアでさえもアフター・サービスが行き届いています。
ロンドンのある店で僕のアイテムの修理を頼んだ時、イタリアの本店まで送ってリペアを施してくれました。
そうですね、サウスさんの言われるとおりこれはエコですね。
うちのmudanisinaiプロジェクトもそう言った意味でリサイクルを目指してます。デザイナーの中野が古着を再生するのもそれと同じです。
今度ROCKER AND HOOKERの2階にオープンしたunikkにも足を運んでください。ここのデザイナー金井さんもアンティークを再生して蘇らせています。ジュエリーの修理や指輪のサイズ直しも行ってます。

サウス

日本でエコは何となく「浮いてる」気がしていました。上滑りしているような。
物に心が宿っているというのが、日本のエコの根底にあると思ってたのですが、物を大切にするシステムがちゃんと構築されているのは、ヨーロッパなのかも。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)