« 雨の日の怪しいDAY TRIPPER | メイン | ギターシティ御茶ノ水巡り 〜その1〜 »

2019/06/27

コメント

tokyoboy

コメントありがとうございす。返信のお礼が遅くなりました。ビザールギター、特に60年台の日本製のものは夢がありますね。ミックリチャーズさんの年齢は分かりませんが私が今で言うビザールギターに憧れていたのは60年代中盤、私は10代半ばでした。当時はフェンダーやギブソンはあまりに高価なもので一生手に入らない代物だと思っていました。
ですから、例えコピーであれグレコやハニーは私たちを十分夢中にさせてくれました。その後、他にもいろんなメーカーが日本で登場しストラトやレスポールのコピーが市場にあふれました。
ハニーリッケンバッカーはそんな時代を象徴するビザールギターだと思います。
このビルワイマンのリッケン・ベースは謎ですが多分写真のフォルムから判断してもハニーのものに間違い無いと思います。

ミックリチャーズ

素晴らしいお話内容です!昨夜ネットオークションでハニーリッケンバッカーギターを購入した者です。その直後にビルワイマンのハニーリッケンバッカーベースのお話を見つけました。ご友人のAさんともども最高に楽しいご関係に拍手を贈ります。
私はギターを50本ほど所有しております。内容はさまざまですが、ビザールギター にも大変興味があります。国産のバーンズが特に好みなのですが、内外問わず
ギターさえあれば毎日が楽しくて仕方ありません。
今後もいろいろな逸話楽しみにしております。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)